子育ては「楽(=らく)」じゃないけど「楽(=たの)」しくね♪チルドレン大学の学びの実践・絵本読み聞かせ・親子英語などを私らしくつづっていこうと思います。


by soramamerin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

出会いは「モンテッソーリ」でした~チル大vol.5

e0153615_2295875.jpg

「ただいま定規で線を引く・・がお気に入り」

思い返すと幼稚園での教育を意識しはじめた息子2歳の頃
モンテッソーリ教育に興味をもちはじめ
友人から偶然にも英語本スタッフの石井さんを紹介されmixiのマイミクに
なっていただいたのでした。

友人いわく、
「モンテッソーリ教育についてとてもわかりやすく日記に書かれているよ。
とても気さくで親切なかただからマイミクさんにもきっとなってくれるんじゃないかな。
そして質問したら丁寧に答えてくれるよ。」でした。

いわれるがまま、マイミク申請をし、幼稚園について早速質問した覚えがあります。
(石井さんの双子のお子さんはモンテッソーリの幼稚園に通っていらっしゃいました)
そして、本当に丁寧に答えてくださいました。(石井さんありがとうございま~す!!)

そして、日記をがんがんと読ませていただいていくうちに・・・
チルドレン大学」と出会ったのでした。

久しぶりにチルドレン大学vol.5を読んでそんなことをおもいだしました。

当時、かたっぱしからモンテッソーリの本を読みあさって
素晴らしい!!と共感し、教具に似たものをつくってみたり、まねをして
とりいれたりしました。お受験教室のモンテッソーリクラスも幼稚園前に少し通わせてみたり。
いまでも読み返すとやっぱり参考になることがわんさかあります。

用意したおもちゃが、ちょうど息子の敏感期にあたり、どんぴしゃで子どもも繰り返し
遊んでくれるものもありました。
1回しか遊ばないお蔵入りも、遊びに来た息子の友達のほうがはまってくれたり
なんてのもありました。(でも時期がくるまでタッパーにいれて棚においておくと
突然やりはじめるなんてこともあります)

今おもうと、大事なことはその教具(おもちゃ)ではなくって
子どもが何かやりたいと自発的な行動をおこしたときに
どれだけ親が子どもの目線にたってあげられるのかだったのじゃないかなとおもいます。

親がどれだけつきあえるか、
待つことを辛抱できるか、私はいっぱい試されました。
今ももちろん継続中です。

どんなに立派な教具があっても
どんなに立派な教材が手元にあっても
いかすもころすも親次第。

ちょっといいかたがどぎついですね。

「お金をかければいい教育ができる」はたしかに一理あるとおもうけど
「お金をかけなきゃいい教育ができない」とはいいたくないな~。
(→負け惜しみ(笑))

智恵をしぼれば、目の前にできることはたくさんあるものね。

チルドレン大学で学んで
そのことに気づいて、母の気持ちはあふるる情報に左右されすぎず
すこ~し気楽になったのでした。

年々凝り固まったいく私の脳を
もっともっとやわらかくして、子ども心を忘れずに一緒に好奇心と常々おもってます。



♪tamaこと石井さんのブログはとにかく毎回ためになり面白い・・です。♪
http://blog.livedoor.jp/tamakokko/


最後まで読んでくださってありがとうございます。
応援クリックいただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ブログをおもちのかたは後ほど訪問しますのでぽちっと押してくださいね。
おきてがみ


私 メンター25 ソラマメことsoramamerinを通じてチルドレン大学に入校された方には
プラチナチケット(アマゾンギフト券2000円分)をプレゼントさせていただきます。

少しでも興味をもってくださった方は遠慮なくこちらへご相談くださいね。
ご質問・ご相談

入校を決めていらっしゃって入手方法を知りたいという方はこちらからどうぞ。
プラチナチケットプレゼント方法
[PR]
by soramamerin | 2009-11-04 21:37 | チルドレン大学学び