子育ては「楽(=らく)」じゃないけど「楽(=たの)」しくね♪チルドレン大学の学びの実践・絵本読み聞かせ・親子英語などを私らしくつづっていこうと思います。


by soramamerin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

幼稚園で学ぶこと おうちで学ぶこと

来年4月から息子は3年保育で幼稚園に通います。

・・・って先日11月1日願書を提出し
簡単な考査があって幼稚園から入園許可をいただきました058.gif

考査といっても
母子分離を1時間。
子どもたちの様子観察ということで
幼稚園の先生が話しかけをしたり一緒に遊んでくださったりといった
内容だったようです。

母親たちはただひたすら「わが子は泣きっぱなしじゃないか?」
「なんか悪さをしてないか?」となどと考えながら
ご近所のかたとおしゃべりをして待ち時間を過ごしました。

そして母親が子どもを教室にお迎えにいくときに
許可証なるものを手渡ししていただきました。

落ちる人なんてほぼいないでしょうね(笑)

子どもが泣かずに離れていられたことに
親としては複雑な思いもありましたが
幼稚園に通う準備もできてきたのだと
素直に喜ぶことができました。

本人も「○○○幼稚園に来年からかよう~」と
はりきっています。

私の住むエリアは
去年まで人気のある幼稚園に願書を提出するためには
1週間前からアルバイト頼んで並んでもらったりと
かなりの激戦区でした。
今年も一部では前日夜から整理券を確保するために
並んだ方もいらしたそうです。

1週間並ぶ??などの行為には違和感をすごく覚えていて
なぜそこまで親が踊らされなければならないのだろうと
不思議におもいました。

それでもその幼稚園にどうしてもいれたい!!と想う
親の気持ちというのは子どもの教育を真剣に考えているからこそ
なんですよね。

かくいう私こそ
どんな特色の違いがあるのか早くに知っておきたいと考え
昨年のうちに気になる幼稚園見学は早々とすませていました。
その後モンテッソーリ教育を知って
こどもの家や認可幼稚園を今年はまわったんですけどね。

モンテッソーリ教育の幼稚園には
とても魅力的でいまでも少し未練がありますが(笑)

昭和にできた(私の産まれた年なんですよね)歴史ある
いたって特別な取り組みのない(笑)というと失礼ですが
昔ながらの幼稚園に決めました。

e0153615_20541712.jpg



幼稚園では集団生活の経験のなかで生きる力を学んでいくのでしょう。
そして、ボディ・マインド・スピリットとバランスよく
学ぶ場所はやはり家庭であり
おかあさんと・・たまにおとうさん(笑)が
教えるしかないのだろうな~と腹をくくるのであります。

だからこそ「おかあさんの楽々家庭教育」なんだ!!
と再び自分への渇です。

集団にはいってどんな風にかわっていくんでしょうね。
楽しみです。

私が割り切れるようになった理由がここにあります♪
母親の本能」マミ~のブログより
[PR]
by soramamerin | 2008-11-09 20:55 | 私が感じていること